株式会社オプトエレクトロニクス

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ変更
  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

3.オプトエレクトロニクスのコア技術

このページを印刷する

モジュール開発裏話


オプトエレクトロニクスが成功するきっかけとなった、

レーザモジュール開発時の裏話をご紹介します。

モジュールエンジンについて ~オプトエレクトロニクスのコア技術~

オプトエレクトロニクスが成功した、レーザモジュールの裏話をご紹介します。
 

モジュールってなに?

MDL-1000

モジュールとは、バーコードスキャナの心臓部分のことで、バーコードを読み取るために強い光を発する部品です。

当社はモジュールのうち、特に「レーザモジュール」で成功し、ほぼ独占的にレーザバーコードスキャナのシェアを獲得してきました。

 

ページの先頭に戻る

レーザのメリット・デメリット

レーザ方式のモジュールを使ったスキャナには、タッチ式のCCD方式にはないメリットが詰まっています。

レーザスキャナは視認性が良く、読み取り部分(モジュール)を小型化しても大小様々なバーコードに対応できる等、汎用性が高いことがメリットです。また、バーコードの位置や向きが微妙にずれていても、ほぼ正確にデータ読み取りができます。
一方、レーザ部品は高価なものがあるため、一部で製造単価が高くなる製品がある、というデメリットもあります。

ページの先頭に戻る

レーザモジュール 製品化までの道のり

当社は早い段階から、CCD方式からいち早くレーザ方式に方向転換し、レーザを使用した読み取り装置に特化する方針を掲げていました。

しかし当時(1980年代以降)、レーザ関連パーツは高額で、本格的な製品開発に踏み切るにはリスクが伴いました。レーザバーコードスキャナの中核となる部分はいうまでもなくレーザ部品で、製造コストが掛かるからです。

それでもなお、大小様々なバーコードに対応できるレーザ方式のスキャナは理想的で、他社にできないものの製品化を渇望していました。

当時のレーザ事情

HeNe管(真空管)

アメリカで主流だったレーザ。
開発をしても、小型、軽量、低コストにできないという欠点がありました。
HeNe管を使用したスキャナは、50万円/台 程度の価格だったといいます。

赤外レーザ 当社が第一弾に開発したレーザスキャナで使用したレーザ。
大きな反響を呼んだものの、感熱紙やカラーバーコードが読めない、視認性が悪いなど、大きな欠点がありました。

赤色半レーザ

当社がレーザスキャナでアメリカ市場に食い込むために、採用したレーザ。
現在も製品に採用しており、広く活躍しています。

ページの先頭に戻る

レーザモジュールの製品化、量産の成功 「CDプレーヤーから読み取る先見の明」

バーコードスキャナとCDプレーヤー。
一見まったく何の関係もない製品に目を付けたことが、当社を一気に飛躍させるカギとなりました。

高額なパーツでも、価格が下がることを先読みして製品開発にかかれば、実際にパーツ価格が下がった時点で大きなアドバンテージを得ることになります。つまり、従来のバーコードスキャナより明らかに高機能な製品を、割安感のある価格で、市場に提供できるようになります。

では、当時真空管が主流だった自動認識業界でレーザ関連パーツに大幅にコストが下がるほどの量産効果が果たして見込めるのか。そこで当社が注目したのが、同じくレーザ関連パーツを使うCDプレーヤーの普及状況だったのです。


数年間で、CDプレーヤーやDVDプレーヤーなどが爆発的な普及を遂げました。
それに応じて、パーツ価格も当社の読み通り、数百円まで一挙に下がりました。
その結果、バーコードスキャナの量産も可能になりました。現在、市場の約9割がレーザ方式のスキャナになっています。

低価格・高機能を実現した製品の競争力は圧倒的でした。
現在では、レーザ方式のモジュールエンジンに関しては国内シェアの90%以上握り、世界第2位の独創的なメーカーとして、極めて高い収益力を誇る企業となっています

ページの先頭に戻る

今後のモジュール展開 「小型化、ラインナップ強化」

現在モジュールは、投光部分から縞模様のバーコードデータを数値化する「デコーダ」部分まで、5gに満たない小型モジュール1個の中に集約することができています。
また、厚さわずか5mmの超小型モジュール、超小型CCDモジュール、オートフォーカス機能を搭載したモジュールなどを世に送り出し、二次元モジュールの超小型化にも目処をつけています。

読み取り精度はもちろん、小型化とラインナップ強化の両面から、モジュールは日々進化を続けています。

当社がもっとも得意とするコア技術、モジュールエンジン。
その技術と情熱を製品作りに生かし、さらに変化にチャレンジし続けていきます。

ページの先頭に戻る
 


 

バーコードスキャナについて

当社は、モジュールエンジンのみならず、それを搭載したバーコード読み取り機もラインナップ豊富に展開しています。
 

バーコード・ビジネス 

ハンディスキャナ 定置式スキャナ データコレクタ ハンディターミナル

レーザスキャナ
CCDスキャナ
イメージャスキャナ

(次元コード対応)

固定式スキャナ
オムニスキャナ
レーザスキャナ
イメージャスキャナ

(二次元コード、移動体読み取り対応)

レーザスキャナ
イメージャスキャナ

(二次元コード対応)

レーザスキャナ

ページの先頭に戻る

ニュー・バーコード・ビジネス

WindowsOS搭載ハンディターミナル

スマートフォンハンディターミナル

コンシューマ向け製品 ESL(電子棚札)

etc.

モジュールのオプトから、製品のオプトへ。
バーコードスキャナの専門メーカーが誇る製品の数々を、どうぞご覧ください。

 

<  2.技術革新の歩み | 4.進化する製品開発  >

 

ページの先頭に戻る