コア技術

HOME > 選ばれる理由 > コア技術

オプト(光学技術)

レーザモジュール

モジュールエンジンは、光学的に読み取る装置です。
レーザ光を振って時間的に受光するレーザエンジン、1次元のリニアセンサで撮像するCCDエンジン、2次元のエリアセンサに照明および受光する2次元モジュールを自社で光学設計しています。
それぞれのエンジンを、小型化し高い信頼性を確保する設計が求められます。

エレクトロニクス(電子回路設計技術)

レーザースキャナ

モジュールエンジンに構成されている電子回路は、バーコードの読取り動作制御、及び信号処理を行っています。
モジュールの小型化を実現する為、高精度・高密度な電子回路を自社で設計しております。

ソフトウェア(デコード/制御技術)

小型モジュール

自動認識技術は、バーコードや二次元コードなどのIDを光学的に読み取り自社開発のアルゴリズムでデータ化します。このアルゴリズムは、40年以上にわたる改善や発明によるコア技術となります。
現在も、新しいIDを読み取るための研究を行っています。

オートメーション(生産技術)

小型モジュール

弊社では、モジュールエンジンの生産設備もオートメーション化し自社で開発しています。
生産自動化により、品質を確保しトレイサビリティも強化しています。

お問い合わせ

CONTACT

各種お問い合わせは、こちらより承ります。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせ一覧へ