• サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ変更
  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

1.製品に関するご質問

このページを印刷する

 製品に関するよくあるご質問を掲載しています。

  1. [製品全般]バーコードスキャナの設定は、どのようにして行うのですか?
  2. [製品全般]“OPTOモード”と“ユニバーサルモード”とは何ですか?
  3. [製品全般]USBのバーコードスキャナを使用するとき、専用のドライバが必要ですか?
  4. [製品全般]バーコードスキャナをノートパソコンで使用できますか?
  5. [データコレクタ]OPL-972xシリーズの機器構成を教えてください。
  6. [データコレクタ]本体1台に対して、必ずクレードル(CRD-972x)1台が必要ですか?
  7. [ハンディターミナル]H-1311の機器構成を教えてください。
  8. [ハンディターミナル]H-15AJの機器構成を教えてください。
  9. [ハンディターミナル]Windowsの端末はありますか?
  10. [定置スキャナ]購入時、ケーブル先端はどのような形状になっていますか?
  11. [デモ機]貸出機の対応はしていますか?

 

「登録資産現物管理システム」の 「よくあるご質問」 はこちらです【ここをクリック】

製品全般

[製品全般]バーコードスキャナの設定は、どのようにして行うのですか?
製品によって異なります。下記の表をご参照ください。

(表) 製品カテゴリと設定方法
ハンディスキャナ ユーザーズメニューブックの、所定のバーコードを順番に読み取ることで設定を行います。
定置スキャナ ユーザーズメニューブックの、所定のバーコードを順番に読み取ることで設定を行います。
データコレクタ ソフトウェアの作り込みによって決定します。(メニューブックはご利用になれません。)
ハンディターミナル ソフトウェアの作り込みによって決定します。(メニューブックはご利用になれません。)
ユーザーズメニューブックがお手元にない場合は、マニュアルダウンロードページからPDFファイルをダウンロードすることができます。
その他、ご不明な点等がありましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

[製品全般]“OPTOモード”と“ユニバーサルモード”とは何ですか?
“OPTOモード”とは、国内でのみ使うことを想定したソフトウェアの設定モードです。
一方、“ユニバーサルモード”とは、海外言語キーボードに対応した拡張版ソフトウェアの設定モードを指します。その他、PDF、白黒反転コードなどが読み取り可能になっています。
多くのスキャナが“ユニバーサルモード”に置き換わっていますが、現行製品でも一部“OPTOモード”のみの対応となっています。製品をご利用の際は、対応しているモードで設定を行ってください。

(表) 設定メニューモード対応表
メニューモード カテゴリ 製品名
OPTOモードのみ対応 ハンディスキャナ OPL-5850、OPL-6845(OPTICONロゴなし)、OPL-7734、OPT-6125
データコレクタ OPL-2724
定置スキャナ OPM-2000、NFT-7175B、NLB-5625B、RLB-5625B
OPTOモード、ユニバーサルモードの対応 ハンディスキャナ OPL-6845(OPTICONロゴ有り)
ユニバーサルモードのみ対応 ハンディスキャナ OPR-2001、OPR-3001、OPR-3201、OPR-4001、OPI-2002、OPI-2101、OPI-2201、OPI-4002
定置スキャナ

OPV-1001、M-5、NLV-1001、NLV-2101



[製品全般]USBのバーコードスキャナを使用するとき、専用のドライバが必要ですか?
必要ありません。パソコンに標準的にインストールされているドライバを利用するため、パソコンのOSがWindows 2000、XPであれば、バーコードスキャナを接続するだけですぐにご使用できます。
※ USBCOM仕様の場合は、別途ドライバが必要です。ソフトウェアダウンロードページをご確認ください。

[製品全般]バーコードスキャナをノートパソコンで使用できますか?
ノートパソコンでもご使用いただけます。 
※ 運用の際はあらかじめ接続確認、動作確認していただくことをお勧めします。たとえば、Keyboard Wedgeインターフェイスのバーコードスキャナを使用する場合、Keyboardポートが1つしかないノートパソコンでは、Keyboard Wedge仕様のマウスと共用することができません。

ページの先頭に戻る



データコレクタ

[データコレクタ]OPL-972xシリーズの機器構成を教えてください。
下記の表をご確認ください。

(表) OPL-972x 機器構成
製品名 用途 必須 任意
【ハードウェア】      
OPL-972x データコレクタ本体  ●
CRD-9723-RU 充電・通信クレードル (※1)  ●

【ソフトウェア】      

データコレクタ・

サンプルパック

初回導入時に必要なソフトウェア・パッケージ

[ソフトウェア内容]

 ・サンプルアプリケーション

 ・アプリケーションダウンロードユーティリティ

 ・USBドライバ

 ・各種取扱説明書(PDF)

C言語開発ツール

高度な業務用アプリケーションを作成するための

ソフトウェア・パッケージ

[ソフトウェア内容]

 ・統合開発環境(ソフトウェアはC言語で作成)

(※1) USB、RS-232Cインターフェイス に対応しています。
パソコンの対応OSは、ソフトウェアダウンロードページでご確認ください。


[データコレクタ]本体1台に対して、必ずクレードル(CRD-972x)1台が必要ですか?
必ずしも必要はありませんが、クレードルがないと本体が充電できないため、運用方法に合わせて購入をご検討ください。

ページの先頭に戻る
 

ハンディターミナル

[ハンディターミナル]H-1311の機器構成を教えてください。
下記の表をご確認ください。

(表) H-1311 機器構成
製品名 用途 必須 任意
【ハードウェア】      
H-1311 ハンディターミナル本体
HCRD135 充電・通信クレードル (※1)
BTR0100 専用リチウムイオン充電池 (※2)
【ソフトウェア】      
SDK for H series

C言語開発環境:

高度な業務用アプリケーションを作成するためのソフトウェア
[アプリケーション開発環境]

 ・アプリケーション開発ガイド

 ・アプリケーション開発環境

 ・システムメニュー仕様書

 ・ライブラリ仕様書

 ・コンパイラ

 (IAR社製ARM用IAR Embedded Workbench (EWARM))

 ※Appload3含む

(※3)

 

Appliket2 for H series

簡易アプリケーション作成ツール:
簡易的なアプリケーションを作成するためのソフトウェア

 ※Appload3含む

(※3)

 

アップダウンロードユーティリティ

(Ver.3.xx) (※4)

データのアップロード・ダウンロードを行うためのソフトウェア

Appload3 アプリケーションダウンロードツール:
アプリケーションダウンロードに特化したソフトウェア
(※1) USB、RS-232Cインターフェイス に対応しています。
パソコンの対応OSは、ソフトウェアダウンロードページでご確認ください。
(※2) H-1311は、単3アルカリ乾電池と専用リチウムイオン充電池の併用が可能です。
(※3) “☆”は、いずれか必須の意味を表します。
(※4) アップダウンロードユーティリテュは、PHLシリースでお使いのもの(Ver.2.xx)もご利用いただけます。
ただし、USB接続は未対応、またH-1311向けに作成したアプリケーションソフトをインストールすることはできません。

[ハンディターミナル]H-15AJの機器構成を教えてください。
下記の表をご確認ください。

(表) H-15AJ 機器構成
型番 用途 必須 任意
【ハードウェア】      
H-15AJ ハンディターミナル本体
CRD-15 充電・通信クレードル (※1)
BTR0500

専用リチウムイオン充電池 (※2)

【ソフトウェア】      
アプリケーション開発キット for H-15AJ (※3)

業務用アプリケーション作成のためのソフトウェア

 ・ソフトウェア開発キット(SDK)

 ・ライブラリ(バーコードリーダ制御、システム制御)

 ・USBドライバ

 ※ライセンス: 1PC/1ライセンス

通信ユーティリティ for H-15AJ

データのアップロード・ダウンロードを行うためのソフトウェア
 ・USB接続用

 ・FCP/IP接続用

 ※ライセンス: 1製品/1ライセンス

 (フリーライセンス版あり(エンドユーザ単位))

Biz/Designer Mobile (※4)

Biz/Browser Mobileのアプリケーション開発環境
Biz Designer Mobile上で動作するプログラムを開発するためのツール

Biz/Browser Mobile for H-15AJ (※5)

Biz/Browser Mobileの実行環境
WindowsCE、Windows Mobile向けBiz/Browser実行環境
Biz/Browser Mobile 拡張機能  ライブラリ for H-15AJ H-15AJでBiz/Browserを運用するための必須ライブラリ
Biz/Browser Mobile for xxxx 上で実行するプログラムから、H-15AJに固有のデバイス(スキャナやバイブレータなど)を制御するために使用します。
(※1) USBインターフェイスに対応しています。
(※2) 本製品BTR0500は、H-15AJご購入時に付属されている専用充電池と同一です。
(※3) アプリケーション開発キットの開発環境:
Microsoft Visual Studio 2005、Microsoft Visual Studio 2008、eMbedded Visual C++ 4.0
(※4)(※5) 提供: アクシスソフト株式会社


[ハンディターミナル]Windows CEの端末はありますか?
H-15AJ が対応しています。

ページの先頭に戻る
 

定置スキャナ

[定置スキャナ]購入時、ケーブル先端はどのような形状になっていますか?
原則、RS-232Cの場合はD-sub9ピン、先端がバラ線仕様になっております。USBの場合はコネクタ仕様になっております。

ページの先頭に戻る
 

デモ機対応について

[デモ機]貸出機の対応はしていますか?
原則2週間として、デモ用としてお貸出機の対応をしております。
ご希望の場合は、弊社営業担当、またはお近くの代理店様までお問い合わせください。

 

ページの先頭に戻る