• サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ変更
  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

会社の対処すべき課題

このページを印刷する

 開発戦略

自働認識業界の世界的な動向として、従来の一次元バーコードの読み取りに対応したレーザー/CCDモジュールから、一次元より多くの情報を扱うことができる二次元バーコードの読み取りに対応したCMOSカメラモジュールのへの移行が急速に進んでおります。

当社グループは、こうした技術革新に対応すべく、CMOSモジュール及びCMOSモジュールを組み込んだスキャナ製品の開発を強化してまいります。

更に、ハンディターミナルや、タブレット等と連動した製品である小型のバーコードリーダMobile+One(モバイルプラスワン)を発展させ、画像認識とAIを組み合わせた新しい製品の開発を行ってまいります。

営業販売体制

日本国内・海外とも、上記の変化に対応すべく、CMOSモジュール及びCMOSモジュール関連のスキャナ、ハンズフリー製品の販売拡大に努めてまいります。

海外はさらに、ESL(電子棚札)について、引き続きデジタルサイネージと組み合わせた製品を展開し、さらなる売上向上を目指して努めてまいります。

生産体制

第35期(2010年11月期)に、海外生産拠点への移管が完了し、ドルをベースとした生産により、為替変動の影響を受けにくい体制を構築いたしました。今後は、円で販売する製品は円で、ドルで販売する製品はドルで製造をし、さらなる為替のリスクヘッジをしてまいります。

あわせて現状の為替動向を見据えて、製品製造原価の低減、在庫水準の引き下げ及び出荷期間の短縮を行いながら、製品品質の向上を図ってまいります。

管理体制

内部統制システム構築の基本方針に基づき、内部統制システムの維持、向上を図り、金融商品取引法で求められる財務報告に素早く対応できる体制を引き続き整備してまいります。

そして、多様な働き方を推奨し、業務効率の向上を図るとともに、企業価値の向上に努めてまいります。

ページの先頭に戻る