株式会社オプトエレクトロニクス

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ変更
  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

新規事業活動

このページを印刷する

当社では、バーコード事業で培った自動認識技術をもとに、従来のビジネスの枠を超えた新しい試みとして
「ニュー・バーコード・ビジネス」
にチャレンジしています。

1.スマートフォン・ハンディターミナル

スマートフォンハンディターミナル H-16, H-19

スマートフォンハンディターミナル
H-16(左)、H-19(右)

オールインワンの業務・通信端末。

ハンディターミナルと携帯電話の機能を1台に集約した、スマートフォンハンディターミナル。
バーコード読み取りに加え、Webシステムの活用、メール、電話連絡など、あらゆる通信手段を手の内に収めました。1台でリアルタイムな情報を編集し、最新データをWeb上に蓄積することができます。
広範な移動を伴う業務において、業務効率化に貢献します。
 

◆◆◆主な運用場面 ~オールマイティに利用可能~

・流通運輸: 配達に持つ管理システム
―セールスドライバーが荷物回収時に情報を登録し、荷物情報を管理します。
・流通小売: 店舗情報支援
          ―各店舗の在庫確認、売上報告などを行います。
・医療  : 看護支援
          ―患者の投薬管理を行います。
・製造業 : 営業活動
          ―外回りの際、在庫検索、画像提示、業務報告などを行います。
        保守サービス
          ―製品のメンテナンス報告書を記録し、その場でデータを管理します。
           カメラ機能のある端末では、状況を画像として保存することもできます。

 

スマートフォンハンディターミナルは、欧州を中心に実績を積み上げ、ご好評を戴いています。

 

2.コンシューマ向け製品

コンシューマ向け製品

業務用端末の枠を超えた
コンシューマ向け製品

労働以外の場面でも、バーコードが効率を生み出す。

一般消費者の方々にもバーコードスキャナを活用いただくことを想定して、コンシューマ向けの端末を企画・開発しています。
主に個人情報の収集などを目的として、販売展開していきます。
 

◆◆◆主な運用場面: 市場調査、発注端末 etc.

市場調査: 個人の購買データ蓄積端末として
個人使用: 個人の健康管理の記録端末として
流通小売: 大型スーパーなどで、個々に貸し出す発注端末として

 

3.ESL(Electric Shelf Label:電子棚札)

ESL(電子棚札)システム

ESLシステム
(Electric Shelf Label:電子棚札)

バーコードの枠を超えた、初めての事業展開。

当社で初めての、電子棚札が登場。
小売店商品棚の紙ラベルをESLに置き換えることで、付け替えの手間やミスを撲滅します。
情報をスマートに管理する棚札端末とシステムを供給することで、業務効率化に乗り出します。
 

◆◆◆主な運用場面: 流通場面 etc.
流通小売: スーパーなどでのフレキシブルな値札記載内容管理
その他 : 部品の在庫管理など

 



オプトエレクトロニクスは、当社にしかできない、

新しい領域をターゲットとした技術や製品の研究・開発にも積極的に取り組んでまいります。
 

ページの先頭に戻る